仕事を辞める前に家族に話したい5つのこと

LINEで送る
Pocket

 

仕事を辞めるということは自分の意思だけでも可能ですが、生計を共にする家族がいる場合は家族にも了承を得て辞める場合がほとんどだと思います。

私も独立するために仕事を辞めると決心したので家族を説得するために今後の生活にどのような変化があるかを話す必要がありました。

説明する内容は大きく分けると「お金について」「どんな仕事」「独立が成功した場合」「独立が失敗した場合」「いずれにしても変わる環境」の5つです。

そしてまずはそれらをリスト化してみることにしました。

今回はそれらのリストをご紹介していきたいと思います。

 

お金について

  • 1ヶ月の生活費
  • 現在の副業の収入
  • 貯金額(独立のために貯めた金額)

1ヶ月の生活費はどのくらい必要で、今現在は副業(独立する仕事)でどのぐらい稼ぐことができているのか?

そして、独立のための貯金はどのくらいあるのか?

を説明しました。

要は今後の生活の見通しの説明です。

 

どんなの仕事

  • アフィリエイト
  • ウェブデザイン
  • プログラマー

仕事は何をしていくのかの説明です。

結局のところ、仕事内容はそんなに詳しく説明する必要はないと思いました。

反社会的な仕事でなければザックリ説明した方が分かりやすいかもしれません。

ただし、考えが甘いと思われるといけないので熱意が伝わっていないようであれば細かく説明した方がいいかもしれません。

 

独立が成功した場合

  • 家で仕事をするので時間に融通がきく
  • 収入が増えるかもしれない。(ただし安定しない)
  • 好きなタイミングで旅行に行ける
  • どこでも仕事ができる
  • 家事が手伝える(仕事優先だが)
  • 車で送り迎えができる(妻は車の運転ができない)

家族にとってのメリットの説明です。

ここに魅力がないと了承を得られる可能性が低くなるのかなと感じました。

 

独立が失敗した場合

  • 喧嘩が増えるかもしれない
  • 収入が減る(安定しない)
  • 貯金が減る
  • サラリーマンに戻る可能性がある(収入減)
  • 今より待遇が悪くなる可能性がある(ローンなど)

デメリットの話です。

基本的にはお金の話になりました。

逆に言えば、うまくいかなくてもお金があれば問題ないってことです。

この不安を解消したければ十分な貯金をしてから退職する必要があると感じました。

 

いずれにしても変わる環境

  • しばらく引っ越しができない
  • ローンが組めない

ネットで見た情報ですが、フリーランスは審査が通りにくいみたいです。

引っ越す予定もローンを組む予定もないのでいいのですが、少し不安です。

 

最後に

こうやってリスト化をしてみると、お金があれば解決する問題が多いです。

家族を説得するにはリスクを回避してメリットを感じさせることがポイントになると思います。

それを解決するのは結局お金なんだなと感じました。

 

ちなみに私の妻は「今後について改めて話す時間が欲しい」と言ったら、「難しいことは分からないし、信じているからいいよ」と言ってくれました。(笑)

わりとあっさり了承を得ましたが、聞いた聞いてないの話になると困るので、数日に分けて少しづつ話しました。

 

LINEで送る
Pocket