一般人でも大丈夫!?ディズニーシーのホテルでディナー

LINEで送る
Pocket

ディズニーが好きな方なら一度は行ってみたいと思ったことはあるでしょう?

私もディズニーランド、シーが大好きで長年の夢でした。

そう。 ディズニーシーに隣接したホテル・ミラコスタでディナーを食べること。

金額的な面もありますが、どんな格好をして行ったらいいか?

高度なテーブルマナーが必要なのか?

なんとなく敷居が高いと感じていませんか?

今回は一般人の私が実際に行った時の感想を書いていこうと思います。

まず、はじめに

ホテル・ミラコスタ内にはいくつかのレストランがありますが、今回は選んだのは ベッラヴィスタ・ラウンジというイタリア料理のお店です。

もちろんホテルに宿泊をしていなくても利用することはできます。

先に言っておきます、ここに行くって方は是非事前に予約してください。

(ディズニーリゾートの公式ホームページから予約できます。)

ショーの時間や込み具合などの兼ね合いもあるようですが噂では予約をすると優先的に窓際に近い席を案内してくれるそうです。(あくまで噂です。)

予約していたおかげなのか今回は窓際の席を案内してもらえました。

窓際の席はパーク内を見ながら食事ができるのでオススメです。

vellavista-002

↑入り口

まずレストランに入り、予約した ○○です。と名前を言います。

そうするとウェイターさんが席まで案内してくれます。

vellavista-005

↑実際の景色

私たちの席からはプロメテウス火山やメディテレーニアンハーバー(真ん中の海)が一望できる席でした。

ここからはパーク内のゲスト(お客さん)達がよく見えます。

ホテルの客室に向かって手を振る人が意外に多い事を初めて知りました。

 

客層

席に着き、周りを見渡しましたが、ラフな格好で来ている方が多かったように感じました。(Tシャツの人もいます)

と言うのもディズニーで遊んでから来る方が多いからでしょう。

雰囲気もガチガチのイタリアンレストランという感じでもありません。

ただ、ファミリー層は少ないです。

カップルが記念日をお祝いするために来てるのかなって方が多いように感じました。

ちなみに私たちも結婚記念日を祝うために来ました。

 

メニュー

席につくとウェイターさんがメニューを持ってきてくれました。

vellavista-004

この時期はハロウィーンということもあって限定のコースと通常コースの2種類が用意されていました。

  • ディズニー・ハロウィーン ディナーコース 10,290円
  • ベッラノッテコース           8,000円

せっかくなので私たちは限定のハロウィンメニューを選びました。 なんか限定って言われると食べたくなってしまうもんですよね。

それにしても、1人1万を超えるってなかなかキツイですよね… あー、頑張ったなぁ…w

 

メニュー選び終えたらカメラマンが撮影に来ました。

実は今回はプレシャスセレブレーションセットも予約していました。

写真、ケーキ、記念品が付いてくるセットなのですが、これに関しては別の記事でご紹介します。(プレシャスセレブレーションセットの記事はこちら)

 

飲み物はビールを注文。

妻はハロウィンの限定のノンアルコールカクテルを選びました。 じつはこのハロウィーン限定のカクテルはグラスが持ち帰れます。(これもいい値段するんです…1860円です。)

 

料理

ここからは実際に食べたものをご紹介します。

 

飲み物

vellavista-007

さてさて、メニューを選んでしばらく外の様子を眺めていると飲み物が運ばれてきました。 奥にあるのが妻のハロウィーン限定のノンアルコールカクテルです。

ビールは特に特殊なことはなく、普通のビールです。

 

パン

vellavista-008

次はパンが運ばれてきました。

オリーブオイルを付けて食べるようですが、バターが欲しければウエイターさんに言えば持ってきてくれます。

 

鴨肉とフォワグラのインヴォルティーニベリー風味の蕪のマリネとビーツのゼリー

vellavista-009

一般人の私にはこの長いメニュー名にどうしても違和感を感じてしまいますが、要は鴨肉とフォアグラです。

鴨肉でフォアグラを包んであります。上にゼリー状のビーツ(野菜です。カブとか大根の仲間らしい)が乗っています。

 

ジリ キノコとポークのポロネーズ仕立て 太刀魚を添えて

vellavista-010

真ん中に乗っているのが太刀魚です、

キノコとチーズの香りがふんわりと伝わってくる一品です。

 

オリーブの香るナスのビュレと共に

vellavista-011

 マグロのレアグリルの方を選びました。

+850円でシーフードグリルに変更することが出来るようです。

 

干し柿とポロ葱のストゥッファートを添えた仔牛テンダーロインマルサラ風味のソースとシイタケのファルチータ

vellavista-012

テンダーロインとは牛フィレ肉の英語表記です。

もともとテンダーロインはとても柔らかい肉なのだそうですが、想像を超えるほどの触感には衝撃を受けました。

仔牛となので脂身も少なくとても上品な肉質です。 

 

カボチャのシブースト ラング・ド・シャとオレンジアイスクリーム添え

vellavista-014

味ももちろん、デザインのかわいいのでついつい運ばれてきたときに笑顔になっちゃいます。 

アイスは溶ける前にどうぞ。

 

サプライズ

ディズニーって何かと「良い話」って多いじゃないですか?  なんと、私たちにもサプライズがありました。

ウエイターさんが席に着くと「今日は結婚記念日なんですね?おめでとうございます。」と言っていただきました。 予約の時に電話で何かのお祝いですか?なんて聞かれたので結婚記念日のことは話していましたが、なんか照れくさくもとてもうれしい気分になりました。

そんな中、食事を続けていると、注文していないドリンクが運ばれてきました。

vellavista-015

 

???? テーブル間違えているのかな? と思ったら…

 

「今日はおめでたい日ということなので… 隣の席の方からです。 」

 

なんと!!! さっきの話を聞いていた隣の席の方がドリンクをごちそうしてくれました。

本気でビックリしました。 本当にこういうことがあることにもビックリしましたが、何よりも嬉しく、妻と目も合わせて数秒の無言が続きました。

 

再度、ここでもお礼を言わせていただきます。ありがとうございます。 

私も懐の深い、他人を祝福できる人間になりたいと思います。

 

まとめ

結果、一般人の僕でもなんとか無事に食事を済ませることが出来ました。

Tシャツの人もいるし、シーンとした雰囲気ではないのでガチガチの服装でなくても良さそうです。ただし少しカッチリ目の方が無難かと思われます。

テーブルマナーに関してはネットで検索して予習しておけばOK。 私のイメージではテーブルマナーを間違えるとウエイターさんや他のお客さんから白い目で見られると勝手に思っていましたが、そんなことはありませんでした。w

普段こういった料理を食べ慣れていない方は食事の流れなんかを想像しておくといいかも。(緊張するので)

 

家庭料理の美味しいとは違うのかもしれません。料理を楽しむという場所。 という印象でした。

世の中には本当に 「あちらの席の方からです」 が存在します。 逆にやってあげるのもアリかも。

また行きたいという気持ちが強い一方、やっぱり一般人の僕にはなかなか金額的に何度もいけないかな…。

たまにだから記念になるのかもしれませんけどね。

 

以上、感想でした。

LINEで送る
Pocket